東京浅草うなぎ屋|ひつまぶしの老舗名店|うな鐵(うな鉄)
こだわりがあるからこそ
伝えられる鰻の魅力。

一、素材へのこだわり

鰻

国産鰻の中から元気で活きのよい活鰻を職人の目で厳選し、その日に売り切ることが当店のモットー。
限りある天然素材の鰻を余すことなく調理し、各部位のおいしさを味わってもらう技こそが、当店の歴史であり伝統でもあります。

米

産地ごとで収穫された米の品質に合わせ、研ぎや水加減など、絶妙なバランスで炊き上げます。

生わさび
生わさび

わさびは鰻によく合います。
静岡県は中伊豆の新鮮な水と空気が育む、マイルドな辛味と風味が最高であり、鰻のうまさが引き立ちます。召し上がる直前にお客様にすっていただき、新鮮な味わいをお楽しみいただけます。
※白焼きでお召し上がり頂けます。

二、焼き方へのこだわり

焼きは一生
焼きは一生

まさしく職人と鰻の真剣勝負。鰻は一尾一尾、個性があります。
火の強さ、焼き時間、タレのつけるタイミングなど微妙な変化させながら、焼きに全神経を注ぎます。

備長炭の素晴らしい力を充分活かして

「うな重」と「浅草ひつまぶし」の焼き方は違います。
「うな重」はやわらかく風味豊かに、「浅草ひつまぶし」はタレと鰻をしっかりからませながら、香ばしく焼き上げます。

三、味へのこだわり

鰻とはこんなにおいしいものだったのかと、
鰻本来の旨さやその味をじっくり味わって頂くため、
工夫を重ねています。
タレ
タレ

店主が開店以来こだわってきた秘伝の味。
みりんと正油を絶妙な火加減でじっくり。
そして、丁寧なアク取りを怠らずしっかりと。
手間ひまが熟成された深く濃厚な味わいを生みだします。

お客様の「元気」のために
私たちが心掛けることがございます
浅草下町の鰻家です。

浅草でどなたにも気楽に楽しんで頂ける店をめざしています。
肩肘はらずに。
いつでも誠実、基本に忠実をモットーに。

鰻の味は本当に職人の腕次第です。

さばく技術、蒸す技術、焼く技術、串打ちの技術。
これは毎日接していて、自分でも本当に奥が深いものだなと感心します。
鰻家にはこんな言葉があります。「割き五年、串打ち三年、焼き一生」
一生ですよ!まさに日々精進です。

炭は備長炭を使っています。

なぜ備長炭を使っているか。それは深い焼き、内側からグッと持ち上がる様な、それでいてまろやかな焼き味。やはり火力が違うなと思います。

浅草うな鐵の売りは何かと時々聞かれます。
・よそではなかなか食べられない鰻の串焼き等、
 二十一種や、色んな鰻料理が食べられる
・東京で初めて開拓した江戸仕立ての浅草ひつまぶし
・世界でオンリーワンの塩ひつまぶし

この三つだと思っています。
でも何よりも、真面目で元気。
これがうちの一番お約束できることかと思います。
「元気はうなぎ、うなぎは元気!」

HOME  |  新着情報  |  こだわり  |  お品書き  |  店舗案内・アクセス  |  お問い合わせ  |  採用案内  |  リンク